「From Hell With Love」 BEAST IN BLACK CDアルバムレビュー ビースト・イン・ブラック

今回はBEAST IN BLACK(ビースト・イン・ブラック)「From Hell With Love」のレビューを書いてみました。

✔記事の内容
・BEAST IN BLACK「From Hell With Love」の紹介 ・各曲レビュー(収録曲順)

From Hell With Love

BEAST IN BLACKはバトル・ビーストを解雇されたアントン・カバネン(ギター)が作ったフィンランドのパワーメタルバンドです。

アントン・カバネンが辞めた後に発売されたバトル・ビーストのアルバムも聴きましたが、私はBEAST IN BLACKの方が好みでした。

バトル・ビーストでメインで作曲していたのはアントンなので、アントンが作る曲が私の好みのようです。

バトル・ビースト時代はアントン・カバネンが一部の曲でボーカルも務めていました。 その声質はウド・ダークシュナイダーみたいだな~と思っていたら、BEAST IN BLACKのギタリストには元U.D.O.のカスペリ・ヘイッキネがいます。

「From Hell With Love」はBEAST IN BLACKの2枚目のアルバムになります。

バトル・ビーストのボーカルは女性だけど男性のような力強さがありましたが、BEAST IN BLACKはその逆で、ボーカルは男性ですが女性かと間違えるような声質です。

こちらのアルバムから新ドラマーのアッテ・パロカンガスが加入しています。

各曲レビュー(収録曲順)

著者カズの個人的な感想ですが、参考になれば幸いです。

Cry Out For A Hero

バトル・ビーストにありそうなギターメロディのイントロ、アップテンポで爽やかな曲です。 バトル・ビースト時代と変わらずキャッチーなサビが良いですね。 バトル・ビーストのノーラが歌っても違和感がなさそうです。 バトル・ビーストの1stアルバムに収録されていた「Cyberspace」のような曲ですね。 「北斗の拳」をイメージして作ったそうです。

From Hell With Love

アルバムタイトルにもなっている曲です。 私はこの曲が非常にお気に入りです。めちゃくちゃポップでキャッチーな曲ですね。 80年代のような古臭い感じもするのにカッコよさもある。 ディスコメタルといった具合でしょうか?癖になります。 これぞアントンのメロディ!といったギターソロですね。

Sweet True Lies

こちらもかなり80年代を感じます。ハードロック寄りのポップな曲です。 ボン・ジョヴィとABBAを足して割ったような雰囲気です。 バトル・ビーストではキーボードを強調したアクセプトのような正統派・パワーメタルでしたが、BEAST IN BLACKの楽曲は幅が広いですね。 ヤニスのボーカルが非常にマッチしています。

Repentless

カッコいいキーボードとテンションの上がるシャウトで始まります。 Nightwishの「Wishmaster」のような雰囲気があります。 2曲目、3曲目はめちゃくちゃポップでしたが、この曲はNightwishのようなパワーメタルが好きな方にもおすすめできる曲です。

Die By The Blade

ヤニスの女性のような歌い方で始まります。こちらも80年代を感じさせます。 ギターよりもキーボードが全体的に目立っています。 80年代のシンセサウンドですね。 ラストのヤニスのハイトーンシャウトが綺麗でライブで聴きたいです。

Oceandeep

非常にノスタルジックな気分になります。 バトル・ビースト時代からこのような物悲しい気持ちにさせる曲のクオリティが非常に高いです。 聴き入ってしまいます。泣けます。

Unlimited Sin

6曲目とは一変して力強いシンセで始まります。バトル・ビースト節が前面に出ていてバトル・ビーストファンだったら納得の一曲です。

True Believer

デジタルサウンドやサビのメロディが80年代を感じさせます。ピコピコしています。

This Is War

曲名はヴァンデンバーグを連想させますが、TURISASのような漢臭さを感じる曲です。 民謡的な哀愁ある間奏で緩急があってグッドです。 拳を握りたくなる一曲です。

Heart Of Steel

こちらも7曲目のように力強いシンセで始まります。Sabatonのような漢を感じるサビが良いですね! Sabatonのヨアキムが歌っても違和感なさそうです。 Sabatonの「The Last Stand」が好きな方はこの曲も好きになると思います。 曲名もManowarみたいで漢臭いメタルです!おすすめです!

No Surrender

最後には疾走感あるテンション上がる曲です! ポップでキャッチーなサビです。バトル・ビースト好きには堪りません。 ヤニスのシャウトがカッコいい!

Killed By Death ※ボーナストラック

モーターヘッドのカバーです。 レミー・キルミスターのような歌い方をしています。

No Easy Way Out ※ボーナストラック

Robert Tepperのカバーです。原曲はこちら。

最後に

BEAST IN BLACKの「From Hell With Love」は、非常に80年代を感じさせる曲が多いです。そして、めちゃくちゃポップな曲が多く収録されています。 ディスコのようなサウンドにメタルが合わさり、ダサカッコ良くて癖になります。 私は元々バトル・ビーストが好きだったので、このアルバムは非常に気に入りました。 ゴリゴリのメタルサウンドが聴きたい方にはポップ過ぎると思いますが、アントンの幅広い楽曲を楽しむことができます。 1stアルバムも良かったですが、こちらも捨て曲なしの名盤では無いでしょうか? キャッチーなパワーメタルファンにはオススメの1枚です。

コメント