「Legacy」 MYRATH アルバムCDレビュー ミラス 「レガシー~遺産の伝承者」

MYRATHのLegacyレビュー

今回はMYRATH(ミラス)の「Legacy」のレビューを書いてみました。

MYRATHはチュニジアのメタルバンドです。プログレッシブ・シンフォニック・フォーク・パワー等の要素がある音楽性です。

キャメロットにアラビアンな民族音楽を足したような感じで、非常にオリジナリティがあります。

チュニジアのバンドと聞いてピンときませんでしたが、楽曲・演奏のクオリティの高さに驚かされました。

私は東京のバーで飲んでいた時に、偶然にもMYRATHのメンバーがやって来て喋った事があります。

Youtubeの動画が430万回(2019年9月現在)も再生されているバンドなのに、非常に腰の低い方々でファンになりました。

Legacy

「Legacy」は2016年に発売されたMYRATH の4枚目のスタジオ・アルバムです。

アルバムタイトルの「Legacy」はアラビア語にするとバンド名の「MYRATH」です。

各曲レビュー(収録曲順)

Jasmin

アルバムのオープニングナンバーで、民族的なインスト曲です。
非常にアラビアンな雰囲気を醸し出しています。
美しいメロディで一気にMYRATHの世界に吸い込まれていきます。
2曲目の「Believer」へと繋がります。

Believer

イントロの民族的なメロディがキャッチーで癖になります。何度もリピートしてしまいます。

ギターの歪みとバイオンの音色が上手いこと混ざり合って、ポップさとメタルさが心地良いですね。

MVも凝っていて映画のようです。

荘厳なオーケストレーションがカッコいい!MYRATHの世界観が詰まっているオススメの一曲です!

このアルバムで一番好きな曲です。

Get Your Freedom Back

ヘヴィなギターリフで始まります。ザヘル・ゾルガティの歌い方やシンセの使い方、全体的な曲の雰囲気はキャメロットを思い出させます。

どことなく寂しさを感じます。

Nobody’s Lives

こちらも2曲目の「Believer」のようにアラビアンな音色です。
歌詞は英語とアラビア語が混ざっていてアラビアンテイストが強めです。

The Needle

映画サントラのような壮大なイントロからシンフォニックXのようなヘヴィなギターへ繋がります。
ミドルテンポな曲で、サビがアップテンポになります。
間奏は民族的なメロディでMYRATHのヘヴィメタルを体感できます。

Through Your Eyes

美しいストリングスにザヘル・ゾルガティの感情が籠った歌声がのります。
サビは爽やかで心が晴れ晴れとしますね。

The Unburnt

サビのバッキングコーラスがクサくて良いですね~!
アラビアン・シンフォニックのクオリティが高過ぎです!

I Want To Die

ザヘル・ゾルガティが美しくエモーショナルに歌い上げます。
こちらのアルバムではギターソロがそれ程目立っていないですが、こちらのソロではワウペダルを使用しています。

Duat

美しいピアノの旋律で始まり、シンセのピロピロした音、バイオン等が重なっていきます。
間奏にガルネリウスやストラトヴァリウスで聴いたことがあるようなメロディがアラビアンテイストになっている所があります。
非常にドラマティックな曲です。

Endure The Silence

アラビックなキャメロットのような曲です。

Storm Of Lies

このアルバムの中ではギターソロが長めです。テクニカルな速弾きを披露しています。
ボーカルラインもメロディアスで聴きごたえ十分です。

Believer (KARAOKE)

ボーナストラックのカラオケバージョンです。
海外のメタルバンドでカラオケが入っているのは珍しいですね。
カラオケだけ聴いても曲が良いので普通に楽しめます。
ピアノの美しさが際立っていますね。
私はギターが趣味なので、カラオケとして自分が歌うよりも演奏の耳コピに使えます。

Storm Of Lies (KARAOKE)

こちらもボーナストラックのカラオケバージョンです。

MYRATH「Legacy」アルバムCDレビューまとめ

チュニジアのメタルバンドは今まで全く注目していませんでしたが、物凄くクオリティが高くてMYRATHは私に新たな興味を抱かせてくれました。

アラビアンな民族音楽とヘヴィメタルが違和感なく融合しています。

ギターよりもオーケストラサウンドが強調されていますが、最初から最後まで聴きごたえがあります。

アラビアンなメタルですが、キャメロットやシンフォニーX、ドリームシアター等が好きな方もハマるのではないでしょうか?

全曲質が高くてMYRATHを聴いてみたい方はこのアルバムを聴けば間違い無しです!

コメント